ベトナム送り出し機関で働く日本人のブログ

ベトナム生活で日々感じたことを不定期更新します。ベトナム人材(技能実習生、技術・人文知識・国際業務、特定技能、インターンシップ)についてのご相談を承ります。

貴社が求めるベトナム特定技能人材を採用するには


送り出し機関、人材紹介者の立場から、特定技能人材の面接、書類作成、在留資格認定証明書がおりたところまで一通り経験しました。

そこから感じたこと、気付きをシェアしたいと思います。登録支援機関や、これから採用を検討している受入機関の方は参考にしていただけたら幸いです。



ベトナムの求職者が気になっているのは・・・

ポイントは「お給料」、「勤務地」、「面接日・入社日」です。


①お給料

お給料が高い方がいいのは言うまでもありませんが、待遇の見直しは簡単ではないと思います。そこで求人票の書き方を工夫して、少しでも自社をPRしていただくことが大切です。


≪求人票の書き方について≫
時給制の場合は、見込みの額面、手取り額を明記した方が取りこぼしが減ります。時給だけ聞いて、安いと判断されてしまったらもったいないです。可能な限り、平均残業時間、保険料など控除、寮費や水道光熱費の記載があるものが望ましいです。


技能実習生の求人票の多くには、手取りや残業時間などが明記されています。ベトナムの担当者や求職者側も見聞きし慣れた求人情報の方が、抵抗がないと思います。求人票については、取引先にサンプルやひな形を送るように頼んでみてください。


🔸おススメPOINT
余裕があれば、1~5年間の想定収入を明記してみてください。
求人企業の信用、安心感も高まり、長期勤務をイメージしてくれるかもしれません。


②勤務地

技能実習生の面接では、勤務地について、気にしている人はあまりいません。地域の特性や観光地、地図上のどの辺りにあるのかなど、あまり興味がないようです。


特定技能の面接では、勤務地を気にしている人が思いのほか多いことに驚きました。首都圏、大阪など賃金が高いエリアが人気なのは説明不要と思いますが、他の理由は主に3つあります。


理由1:友人、恋人、配偶者の近く or 一緒に住みたい。
面接前に聞き取りを頼んでおくことをおススメします。会社名義で借りているアパートが、ホテル化したり、近隣トラブルを発生させてしまうことは避けたいです。


理由2:現在の地域を離れたい。or 住み慣れた場所
冬場は寒いすぎるとか、反対に住み慣れているから動きたくないという人がいます。


理由3:新型コロナウィルスの感染状況
求職者本人もさることながら、ベトナムのご家族から色々指示を出される人もいます。内定後に、感染者が多い地域だからと辞退されるということがないように、対策が必要です。


③面接日・入社日

求人票を用意する時点で、面接日・入社日を決めておいた方がいいです。エントリーしても面接ができない、内定をもらっても入社日が分からない状態が数日あるだけで、面接前後に辞退者が出たりします。


在留期限の残り日数が迫っている人もいますし、退職を申し出るタイミングもありますので、できる限り不安要素を排除し、面接~入社までのスケジュールを示すことが大切だと思います。



ベトナムの取引先を選ぶ

Facebookからメッセージが届いたり、電話で営業されることがあるかもしれません。ブログを通じて、私に連絡いただきたいというのが本音ではありますが、営業マンの一生懸命で熱意ある営業に心を動かされる方もいらっしゃると思います。


≪WEBミーティングをしましょう≫

取引先を選ぶにあたっては、必ずWEBミーティングをしてください。本番のWEB面接の模擬という意識で臨んでいただいてはいかがでしょうか。


☑調整・対応力、レスポンス:当日までの日時調整、WEBツールを選んだりスムーズか
☑日本語能力:貴社の担当者として相応しいか。面接の通訳、申請書類の作成など任せられるか。
☑誠実さ:特定技能の制度や契約内容について、質問してみてください。登録支援機関の担当者でも完璧に答えられる人は少ないと思います。そこで誤魔化さず、誠実に受け答えることができるか要チェックです。
☑通信環境:画像、音声が聞き取りにくい場合は、必ず違う環境、違うWEBツールを使い本番で不備がないように確認しましょう。


🔶チェックPOINT
また可能な限り、所属している組織について、信頼できる人から評判や口コミを確認してください。悪評のある送り出し機関やグループ会社の場合は、即お断りしていただきたいです。担当者が問題なくても、所属先がダメなら、基本NGの姿勢が望ましいです。担当者にダメ出ししても、十中八九で改善されません。代表取締役社長、役員名簿に名前が載っているクラスが直接営業してきた場合、対応は早いかもしれませんが、それでも慎重になるべきです。


≪契約内容について、協議しましょう≫

契約書の中に盛り込む内容としては・・・
☑報酬
☑報酬の対価
☑早期退職者への保証
☑支払方法


その他、確認事項・・・
☑候補者資料の作成、リクエスト
☑入社後の対応
☑管理費の有無(制度上、支払う必要はありません。対価として見合うサービスを提供できる場合、納得感があればお支払いしてもよろしいと思います。)



最後に・・・

ベトナム人の社員に不満を言いたくなる気持ち、、よく分かります。繰り返し言っても報連相ができないとか。。


中にはモンスター社員もいると思いますが、、せっかく採用いただいた人材ですから、彼らのポテンシャルを十分に発揮し活躍してもらえるように、先ずは組織の中で課題がないか探ってみてください。


日本語が下手ですよと、ベトナム人スタッフに口酸っぱく言ったところで、逆効果になることも多々あります。彼らに伝わりやすい日本語を日本人が勉強して、齟齬がないようにするのはいかがでしょうか。例えば、語尾に「です。」「ます。」を付けたり、短い文章で区切ったりするだけで、外国人の理解度はグッと高まります。


特定技能では、転職が認められています。出稼ぎ労働のベトナム人たちですが、お金だけで全ての意思決定をする人たちばかりではありません。居心地が良ければ定着率も上がると思います。


私たちは完璧なチームを創る代わりに、完璧な人を探そうとして時を無駄にしている。
Thay vì tạo dựng một tập thể hoàn mỹ, chúng ta lại lãng phí thời gian đi tìm người hoàn mỹ.



ベトナム人材の採用については、こちらまでお問い合わせください。
ご連絡お待ちしております。
vietnam.maru@gmail.com



新型コロナ第二波のベトナム、2020年8月11日現在

ベトナムでは、ダナン市での約3ヶ月ぶりの市中感染を皮切りに、第二波新型コロナの感染が拡がっています。


本日時点で、感染者は840人を超えたそうです。
5月には封じ込めに成功したと、勝利宣言をしたのですが、残念です。


感染源は、中国からの密入国者との噂があり、公安に拘束されたそうで記事になっています。



■ダナン市内

7月28日から社会的隔離措置が決定しました、8月14日まで。


食料品や衣料品の販売、事業所や工場での仕事はOKで、不要不急は禁止です。




■ハノイ市内

私の住んでいるハノイは、公共の場でマスク着用が義務付けられました。自宅マンションの住人たちは設置してあるアルコール消毒をするようになり、4月頃に逆戻りです。クラスターの発生はなく、10名に満たない感染者数で市民は落ち着いています。


職場ではマスクを着用する以外は、特に変化ありません。職員は全員出社しています。新規感染者の発生時期に、ちょうどダナン旅行に行っていた社長と職員2名については、2週間の自宅待機を経て職場復帰しています。



飲食店の閉店が目につきます。有名なフォーのお店まで。。。



■ベトナム人材の採用について

技能実習生や特定技能人材の採用は、すっかりZoomによるWEB面接が定着した感があります。技術力や適正を見るために、実技試験が必要とされる職種においても、実技試験の様子をLIVE中継したり、予め動画撮影しておくことで対応するようになりました。


ベトナム人材の募集状況
3~4月頃:募集が難しく、求人案件があっても紹介できない状況。
5~7月:新型コロナを抑え込み、徐々に回復。5月からWEB面接での対応が可能になる。
8月:逆戻りして、非常に難しくなっています。
特定技能:日本で働いている技能実習生や特定活動の方で、仕事を探している方は、募集できています。食品製造や農業の求人案件が多く、求職者は仕事が減ってしまった製造業関連の方からの相談が多いです。



■今後の見通し

感染源のダナン市内には、多数の旅行客が訪れていて、各地に持ち帰った可能性があり予断を許さない状況です。ハノイ市内では、第二波では少し緊張感が足りないようにも見えますが、ベトナム政府の対応は非常に早く、国民も信頼し任せているとも言えます。集団免疫の獲得ではなく、前回同様に封殺するやり方を取っています。一貫性を持って対応しているところには、心強さと安心感があります。


ベトナムは他国に先駆けて、日本国内への入国規制緩和の第一陣として名前が挙がりました。再入国者のVISA申請および新規入国者については対象者を限定して受付が再開されました。こちらは順次拡大予定とのこと。


マスクは、スーパー、薬局などで普段通りの価格で販売されています。不足するようなことは、余程のことがなければないと思われます。



ベトナム人材のご用命、お問い合わせは、こちらまでお気軽に!
vietnam.maru@gmail.com



学生寮の引っ越し(技能実習生・留学生・高度人材)

今日は日本語センターで勉強する学生たち(技能実習生・留学生・高度人材)の寮の引っ越し作業日でした。




賃貸物件の更新月ということもあり、寮として借入れしていた物件を引き払い、事務所兼日本語センターだったところに無理やりスペースを作り、寮としても使えるようにしました。


元々は、技能実習生、留学生、高度人材や一般の社会人など学生ごとに指導内容が異なるため、技能実習生のための日本語センターと寮を新たに借りて移転させる計画をしていました。実際に、候補地の内見は10件を超えていましたが、新型コロナの影響で事業計画の大幅な見直しを余儀なくされ、規模の縮小になりますが、本日の引っ越しとなりました。


今はできる限り、出るものを抑えて、従業員の雇用確保と学生たちが来日できるようになるまで、最悪の事態が起きないようにしなければなりません。海外労働派遣の業界は、新型コロナの煽りを思いきり喰らっていて、知り合いの会社も撤退したり、夜逃げした社長がいたり、噂話も飛び交っています。


昨年、私が参画した会社も、ご多分に漏れず厳しい状況が続いていますが、下を向くことなく前向きに仕事してくれる仲間がいることにとても救われています。今はコロナ禍を乗り越えて、より良くなるために集まったアイデアを教育現場で検証実験したり、生き残り成長するために各自が行動しています。問題は常に抱えつつも、日々の仕事は楽しく、希望ある将来をイメージできています。


ベトナム人材に関するご相談をお待ちしております。
お問い合わせはコチラまで、vietnam.maru@gmail.com